糸リフト(スレッドリフト)・手術(フェイスリフト)

糸(スレッド)や手術によるリフトアップは1度の施術で高い効果が期待できるのが魅力です。

河田外科形成外科では知識と解剖学に精通した形成外科専門医による効果・安全性を両立させた治療を実現しております。

治療法

ウルトラVリフト

  • 保険適用外

吸収性の細い糸(スレッド)を皮下に挿入し肌を引き締め、リフトアップを狙う治療です。糸は6~8か月で吸収されていきますが、その過程でコラーゲンが造成されるため皮膚の引き締め効果はしばらく続きます(1年ほど)。たるみを強くつり上げるような能力はありませんが、穏やかなハリ感アップ、リフト効果を期待したい方に。
針穴はすぐに目立たなくなるので術後のダウンタイムはほとんどありません。

ウルトラVリフト・リードファインリフトの治療法

表面麻酔後、希望の部分に細い針を刺していきます。針を抜くと糸が残ります。
糸は部位、希望によって20本~100本程度使用します。一度に入れることも可能ですが、数回に分けて(日を別にして)入れることもできます。

ウルトラVリフト・リードファインリフト治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

ご希望の部位を確認します。使用する糸と方法について説明後、治療日の予約を取ります(感染症の血液検査を実施します)。

当日

  • STEP01

    麻酔

    手術30分前に来院。 麻酔クリームを塗布して皮膚表面の麻酔を行います。

  • STEP02

    施術

    本数によって異なりますが、治療時間は約15~30分です。

術後のケア

少し血がにじむことがありますがほとんどの場合はすぐに止血されガーゼやテープは不要です。
化粧、入浴は翌日から可能です。異常がなければ通院は必要ありません。

治療効果の経過、持続期間

治療直後から皮膚の張りを実感できます。糸が吸収される過程で組織の再構築が起こり、治療後1年間ほど引き締め効果が続きます。
皮膚へのダメージはほとんどない治療なので、継続的に治療することで効果を持続させることが可能です。

考えられるリスク

  • 針穴の赤み、内出血、腫れ、しびれ

料金

よくある質問

ヒアルロン酸などの注入治療を受けていても受けられますか?

ヒアルロン酸などの注入治療を受けられた後は1週間程度離す方がよいでしょう。

4Dニューコグリフトやシルエットリフトとの違いは?

コグ(棘)やコーン状の突起で直接引き上げる治療と比べると皮膚の自然な引き締めを促す治療法です。

4Dニューコグリフト

4方向にコグ(「返し」のような棘)が付いた特殊な糸(スレッド)によるリフトアップ治療です。たるみを上方へ引き挙げることでタルミじわの軽減にもなります。当院ではウルトラVリフトと併用することで横方向と縦方向から立体的に引き上げます。

不自然なひきつれや凹みがなく腫れも少ないので日常生活への支障はほどんどありません。
糸は1年以内に吸収され体内に異物は残りませんが、コラーゲンの造成を促すことでリフトアップ効果はしばらく続きます(1~2年)。

  • 保険適用外

4Dニューコグリフトの治療法

表面麻酔後、縦方向と横方向にそれぞれ針を刺していきます。
針を抜くと糸が残ります。コグ(棘)によって上方に引っ張られた状態で皮膚が固定されます。

4Dニューコグリフト治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

ご希望の部位を確認します。
使用する糸と方法について説明後、治療を希望の場合は治療日の予約を取得します(感染症の血液検査を実施します)。

当日

  • STEP01

    診察

    手術30分前に来院、デザインを確認します。

  • STEP02

    表面麻酔

    針を刺す部分に局所麻酔クリームを塗ります。

  • STEP03

    横方向に挿入

    ウルトラVリフトの短い糸を横方向に挿入します。同時に麻酔薬の注入も行います。(5分~10分)

  • STEP04

    局所麻酔

    縦方向の針の挿入箇所に追加で麻酔をします。

  • STEP05

    縦方向に挿入

    縦方向に4Dニューコグリフトを挿入します。両側で6〜8本使用し皮膚を引き上げながら固定します。
    治療時間はトータルで約1時間です。

術後のケア

少し血がにじむことがありますが殆どはすぐに止血されガーゼやテープは不要です。
洗顔は当日から、化粧、入浴は翌日から可能です。 1週間後に来院いただき、腫れの有無や効果を確認します。

術後の経過、持続期間

針穴は2~3日で目立たなくなります。軽い腫れが1週間程度続くことがあります。
引き上げ効果は1~2年程度続き、その後も皮膚の中に再生されたコラーゲンによって引き締め効果が緩やかに続きます。

施術前

施術後

考えられるリスク

  • 針穴の赤み、内出血、腫れ、しびれ

料金

よくある質問

治療の痛みは?

麻酔クリームで皮膚の表面を麻酔して針を刺す痛みを和らげます。
針を挿入する部分に局所麻酔を行いますので治療中に痛みはありません。

治療のダウンタイムは?

針の跡が軽く残りますが、2,3日で目立たなくなります。軽い腫れが1週間程度残ることがあります。
稀に出血による内出血や腫れをきたすことがありますが、その場合は2〜3週間続くことがあります。

治療時間はどのくらいですか?

使用する糸の本数で異なりますが、麻酔クリームの時間を含めて1時間程度です

効果はすぐ出ますか?いつまで続きますか?

引き上げ効果はすぐ実感しやすい治療です。引き上げ効果の持続は1~2年です。その後も穏やかな肌の引き締め効果が続きます。

ヒアルロン酸などの注入治療を受けていても受けられますか?

ヒアルロン酸などの注入治療を受けられた後は1週間程度離す方がよいでしょう。

メスで切開するフェイスリフトと比べると効果の違いは?

効果の高さ、持続期間の長さはフェイスリフトが優れています。ダウンタイム等を考え希望の施術を選択していただきます。

フェイスリフト

メスで皮膚を切開して、皮膚と皮下の薄い筋肉を引き上げるリフトアップ手術治療です。
切開は目立ちにくい場所で形成外科の技術で縫うので、術後の傷あとはほとんど目立たなくなります。
たるみ、シワに対するリフトアップとしては、もっとも効果と持続期間に優れた治療法です。

  • 保険適用外

フィエスリフトの治療法

フルフェイスリフト

こめかみから耳の後ろまで皮膚を切開し、こめかみから頬全体のたるみを引き上げる手術です。

ミニリフト

こめかみ、頬、下顎の一部の皮膚を切開し、部分的に引き上げる手術です。

フルフェイスリフト
皮膚切開例1

フルフェイスリフト
皮膚切開例2

ミニリフト
皮膚切開例

フェイスリフト治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

ご希望のリフトアップ部位を確認します。手術内容の説明後、治療日の予約を取ります(感染症の血液検査を実施します)。

当日

  • STEP01

    診察

    手術30分前に来院、デザインを確認します。

  • STEP02

    施術

    局所麻酔(場合によって静脈麻酔)後、手術を行います。

術後のケア

固定終了後、腫れと出血防止のためのバンドで頬を固定します。
固定期間は剥離の範囲で異なりますが、5日間程度固定します。
3日目以降は夜間のみの固定ですむ場合もあります。
洗顔、シャンプー目の周りや口元は翌日から軽く洗えますが、手術部位はぬらさないようにしてください。
シャンプー、顔全体の洗顔は術後3日目から可能です。
入浴・シャワーも術後3日目以降から可能です。
通院翌日術後の腫れなどをチェックします。
抜糸までに腫れの状態で1~2回の診察を行います。
5~7日目に抜糸を行います。

考えられるリスク

  • 内出血、腫れ、感染、しびれ、瘢痕(傷あと)、つっぱり

料金

よくある質問

ヒアルロン酸などの注入治療を受けていても受けられますか?

ヒアルロン酸などの注入治療を受けられた後は1ヶ月以上離す方がよいでしょう。

治療時間はどのくらいですか?

ミニリフトで約1時間、フルフェイスリフトで約3時間程度です。

糸で上げるスレッドリフトと比べると効果の違いは?

スレッドリフトは糸の牽引力で皮膚を引き上げるので、腫れや傷跡などのリスクは少なくなりますが、フェイスリフトに比べると引き上げの効果や持続は劣ります。

各治療の比較

目的引き上げの強さ効果の持続皮膚切開麻酔ダウンタイム
ウルトラVリフト引き締め弱め1年なし麻酔クリーム1日
4Dニュー
コグリフト
リフトアップやや強め2年なし麻酔クリーム
+局所麻酔(注射)
軽い腫れ
5~6日
フェイスリフトリフトアップ強め2~3年こめかみ等目立ちにくい場所(それぞれのデザインで異なる)麻酔クリーム
+局所麻酔(注射)
腫れ
7日程度

Dr.からのコメント

糸リフト、フェイスリフトはたるみやたるみじわに対して最も効果が高く持続時間の長い(糸リフト<フェイスリフト)治療で当院でも人気の施術です。
たるみ、しわ、皮膚の張りを一度に解決したい方におすすめしています。
効果、ダウンタイム、リスク等について丁寧な説明を行いますので、一度ご相談ください。

Contact お問い合わせ

WEB
順番予約
Page Top