医療脱毛

日本レーザー医学会認定レーザー専門医日本脱毛学会認定レーザー脱毛士が在籍する日本レーザー医学会認定施設

当院では2種類の医療レーザー機器と針脱毛器を導入し、日本レーザー医学会認定レーザー専門医の管理の元、日本脱毛学会認定レーザー脱毛士の資格を持つ看護師による脱毛を行っています。

学術集会やセミナーなどで得た最新の情報と知識、経験を活かし、一人ひとりの肌や毛質に合わせた質の高い脱毛を提供いたします。

  • 保険適用外

自己処理はトラブルの原因

  • カミソリ
    皮膚の角質まで剃り落とすため、長年使用していると、肌に負担がかかり、黒ずみの原因にもなります。また、皮膚を傷つけると傷口から細菌が入って化膿してしまうこともあります。
  • 毛抜き
    不潔にしていると、細菌などが侵入して炎症を起こしたりシミになることもあります。埋没毛にもなりやすい。
  • ワックス
    無理にはがすので、肌荒れ、角質肥厚、色素沈着などのトラブルの原因になります。
治療法

医療レーザー脱毛

レーザーとは、光の幅広い波長のうち、『特定の波長のみ』を増幅して照射する技術です。医療レーザー脱毛では毛の黒い色に吸収されやすい波長を使用します。
黒い毛に選択的に吸収され、毛の発生や成長の根源となる”毛乳頭”を破壊します。また、黒い毛のメラニン色素以外には反応しないので肌への負担が少ないのも特徴の一つです。

光脱毛との違い

一方で光は幅広い波長を持つので、(ターゲットとなる色素が多く)出力を上げると毛以外の肌へのダメージが大きくなるため、出力を抑えての照射になります。医療機関でないエステサロン等では法律上、毛乳頭の破壊は認められていません。そのためレーザーは使用できず、光による「減毛」しかできません。

当院の特徴

  • 日本レーザー医学会認定施設
  • 日本医学脱毛学会所属
  • 日本レーザー医学会レーザー専門医
  • 日本医学脱毛学会認定レーザー脱毛士が在籍
  • 数種類のレーザー脱毛機を用いて毛質、肌質に合わせた脱毛が可能
  • 医療針脱毛にも対応

医療レーザー脱毛の長所

  • POINT01

    皮膚にやさしい

    表皮のメラニン組織を破壊しないようにレーザーの特性を調整し、表皮にはダメージを与えず、メラニン色素の密度が一番高い”毛根”だけをターゲットにします。
    そのため皮膚にやさしく、照射後の色素沈着はほとんどありません。
    デリケートゾーンの脱毛も可能です。

  • POINT02

    毛穴の引き締め効果も

    レーザー照射により発毛組織がダメージを受けて次第に小さくなり毛穴が引き締まることで、施術後の肌質の変化が期待できます。

  • POINT03

    通院回数が少ない

    ワキなら4~5回程度の照射で目立たなくなります。
    毛の量の多い方、毛質の硬い方や太い方などの場合には7~8回程度かかる場合もあります。(毛周期の関係で約2ヶ月に1度の照射が必要)

    • 1回の照射時間や終了までに必要な回数は、毛の太さ、量、密度、毛周期などによって個人差があります。
  • POINT04

    男女問わず太い毛に対応

    男性のひげなどの剛毛に対応できます。

脱毛のしくみ

  • STEP01

    レーザー照射

    毛を剃った状態でレーザーを照射。

    レーザー照射のイメージ

  • STEP02

    毛にレーザー光が吸収

    レーザー光が毛の色素に吸収され熱を帯びる。

    レーザーにより毛にダメージのイメージ

  • STEP03

    毛根の組織破壊

    毛根、バルジ等、毛をつくる部位が破壊される。

    毛根部の破壊のイメージ

  • STEP04

    脱毛完成

    毛は自然に排除され、破壊された組織から毛は作られなくなる。

    脱毛完成のイメージ

考えられるリスク

  • 毛穴の炎症が長く続くことがあります 
  • 肌の状態(日焼けなど)によってまれに火傷などの症状がでる場合があります
    そのような症状がでた場合は医師にご相談ください
  • 軟毛部分に照射すると硬毛化することがあります

レーザー脱毛の流れ

予約は電話で承ります。(メール、DM不可)

TEL
086-224-7231(河田外科形成外科 医学脱毛センター) 
  • STEP01

    脱毛カウンセリング

    • 予約制 (1時間程度)

    医師と専門のスタッフが、脱毛希望部位の皮膚および毛の状態を確認し、脱毛の方法、レーザーの種類や料金等を説明します。レーザーを希望される場合はテスト照射(無料)を行います。

    治療の流れのイメージ
  • STEP02

    レーザー照射

    • 予約制  

    テスト照射から1週間以上空けて、皮膚状態に問題なければ、1回目のレーザー照射が可能です。

    • 治療前に脱毛部位をカミソリで剃毛してきていただきますが、脱色・染毛したり毛抜きで抜いたりはしないでください。
    • 当日キャンセルの場合、キャンセル料 2,200円(税込)が発生します。

毛周期に合わせた複数回の脱毛が必要です

毛は一定期間成長を続け(成長期)その後成長は停止し古い毛は抜け落ち(退行期)、休止期を経てまた新しい毛に生え変わるという一定の周期を繰り返しています。このサイクルを「毛周期」と言います。
今生えている毛は皮膚の毛の全体の約20~30%(部位によって異なります)と言われていますが、レーザー脱毛は成長期毛にしか効果がありません。
完全に脱毛するためには、毛周期に合わせて何度か照射する必要があります。

脱毛レーザー機器

当院では2種類3機種ののレーザーを導入し毛質、お肌の状態に合わせた施術を行います。

ライトシェア・デュエット・・・ダイオードレーザー

ジェントルマックスプロ・・・ロングパルスヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー


詳しくは別ページにて紹介しています。

介護脱毛

介護脱毛のイメージ写真

将来介護される立場になったときに介護者の負担にならないように、あらかじめデリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)の脱毛をしておく「介護脱毛」をされる方が40代、50代を中心に増えています。

レーザー光は黒いメラニン色素に吸収され脱毛効果を発揮するので白髪にはほとんど効果がありません。陰毛に白髪が出てくる前に早めに開始されることをお勧めします。女性スタッフが丁寧に対応させていただきます。

メンズ脱毛

メンズ脱毛のイメージ写真

男性でも身だしなみとして医療脱毛をされる方が非常に増えています。毎日のひげ剃りにかかる手間とカミソリやシェーバーによる肌ダメージから解放され、清潔感のある肌を目指しましょう。

当院のメンズ脱毛

当院では、濃いひげなど男性の深く太い毛にも高い効果を発揮するレーザー機器を導入しています。(エステサロン行う光脱毛は、出力が弱いため太い毛には不向きです)
他院であまり効果を得られなかったという方も、他の波長を使用すると効果が出ることもあり、お喜びの声を多くいただいております。また、ひげだけでなく、胸毛、陰毛、その他部位の脱毛も豊富な実績がございます。
また、当院では残ってしまった白いひげにも対応できる医療針脱毛も行っております。
脱毛は初めてという方にも安心して施術を受けて頂けるよう丁寧にご説明します。お気軽にご相談ください。

料金

脱毛全身部位
Vライン、Iライン、Oライン
  • VIO 7回コース終了後、引き続きご希望の方は通常の10%OFF→¥19,800(1回)
7回セット料金

7回セット料金

ひじ下は指先まで 膝下はつま先まで含みます

顔下半分

1回毎でもOK!
顔下半分 1回¥19,800
7回コース終了後、希望の方 通常の10%OFF→¥17,820

  • 男性のV.I.O料金はお問い合わせ下さい

医療針脱毛(ニードル脱毛)

医療針脱毛の写真

皮膚表面に熱が伝わらない特殊な細い針(絶縁針)を一つ一つの毛穴に挿入し、微弱な電流を流すことで毛根を直接破壊し脱毛していく方法です。
レーザー脱毛では❇︎硬毛化が大きな問題になっています。
こういった硬毛化した毛やレーザー脱毛に適していない箇所の脱毛として、最近針脱毛が注目されています。

  • 硬毛化…レーザー脱毛後、軟毛が逆に長く太い硬毛になること
  • 保険適用外

適応

  • 硬毛化した毛
  • 肌色の濃い部分の毛
  • 眉毛・ひげ・うなじなどの細かなデザインに対応
  • 白髪(頭髪を除く)

対象としない部位

  • 女性の顔の軟毛(眉毛や口角の太い毛は対象)
  • デリケートゾーンのI〜O
  • タトゥー部、ホクロ毛

治療の流れ

診察・処置共に毛を伸ばした状態でご来院ください。

  • STEP01

    針脱毛カウンセリング(予約制)

    テスト脱毛を行います(カウンセリングのみも可能)

    • 採血が必要です
    • 針は個人専用とし他者と共有はしない
    • 毛質、太さ、長さを選択
      場合によって複数本購入の必要あり
    • テストは痛みや皮膚の炎症を確認するためのもので、数本のみ行う(麻酔無し)
  • STEP02

    針脱毛開始

     初回にテスト脱毛をされた方は、来院2回目から施術可能です 

針脱毛のメリット

  • 皮膚の色を選ばない
  • 細かいデザインを必要とする部位の脱毛に適している
  • 白髪にも対応可能
  • 硬毛化を起こさない

考えられるリスク・注意点

  • 皮下出血、発赤、腫れ、かゆみ、色素沈着
  • 脱毛をする前に毛を伸ばしておく必要がある
  • レーザー脱毛と比べて痛みが強い
  • 1本1本処理するため時間がかかる

Q&A

医療レーザー脱毛治療によくあるご質問についてお答えします

1回の施術でどれくらいキレイになりますか?

レーザーは毛周期のうち成長期の毛にしか効果がなく、部位によりますが成長期の毛の割合は20%ほどです。つまり毛周期に合わせ2~3ヶ月に1回のペースで4,5回の施術を行うことで毛量が減っていきます。当院では7回のコースをおすすめしています。

医療レーザー脱毛は痛くないのですか?

当クリニックのレーザー脱毛機ライトシェアデュエットは皮膚を吸引しながらレーザーを照射しますので、痛みが緩和されます。

時間はかかりますか?

施術部位によって異なりますが、以前より施術時間は短くなっています。約2ヶ月に1回の来院ですので、お忙しくて時間のない方、遠方の方にもおすすめです。

施術後、入浴はできますか?

施術部位を温めると発赤、痒みがでることがありますので、当日は軽めのシャワー程度にしてください。

脱毛は何歳から可能でしょうか?

当院では基本的に体毛の発育がしっかりする第2次性徴が出てからの施術をおすすめします。

男性も脱毛できますか?

男性でも女性と同じように脱毛可能です。
ひげの様な濃い毛でも脱毛可能です。元々の毛量が女性より多いため、女性よりは回数が必要です。必要に応じてあごひげなどの深い毛に対応できるレーザーを使用したり、針脱毛でレーザーで対応できなかった毛も脱毛可能です。

火傷の危険はありますか?

レーザーは黒いメラニンのみに反応し発毛組織を選択的に破壊するため、皮膚へのダメージは比較的抑えられます。
光脱毛は毛根以外への影響が出やすく火傷のリスクが高くなります。

日焼け後にレーザー脱毛はできますか?

できません。日焼けした皮膚にはレーザー光が強く反応しますので火傷のリスクが高くなります。
施術後も一週間は日焼けなど皮膚に刺激を与えるようなことは避けてください。

脱毛をして以前に比べて太くなった毛があります。そんなことありますか?

特に背中から肩やうなじ、えらなどの軟毛にレーザーや光を照射すると、かえって硬毛化してしまうことがあります。当院では硬毛化がみられた場合、レーザー機種を変えて対応するか、針脱毛で脱毛することもできます。

デリケート部分(V、I、O)の脱毛を考えています。エステだと心配で・・・。

女性の脱毛は女性スタッフが丁寧に施術します。衛生面、安全を考慮しています。

白髪は脱毛できますか?

レーザー光は黒いメラニン色素に反応しますので白髪には効果がありません。介護脱毛をお考えの方は男女ともに早い方は30代後半から陰毛にも白髪が出てきますのでなるべく早めに開始されることをお勧めします。白いひげなどは針脱毛で対応可能です。(当院ではVIO針脱毛は対応していません)

アトピー体質でも脱毛できますか?

現在の症状が落ち着いていれば可能ですが色素沈着が強い部位は注意が必要です。
肌色に合わせて出力やレーザー機種を調整し対応します。

脱毛料金以外に費用はかかりますか?

軟膏代が別途¥700前後かかります。

Dr.からのコメント

医療脱毛はエステ脱毛と比べて効果が高い分とても痛い、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
確かに多少の刺激はありますが、近年の機械の進化は目覚ましく、従来のレーザーよりかなり痛みが低減されています。
「案外平気だった」との声も多く聞かれます。カウンセリングは無料なのでお気軽にご相談ください

Contact お問い合わせ

WEB
順番予約
Page Top