遅発性太田母斑(ちはつせいおおたぼはん)

20歳前後から両頬に出てくる斑点状の茶色から少し灰色がかった母斑。

皮膚の深い層(真皮)メラニン色素が落ちている状態であざの一種です。肝斑に間違われることも多い母斑で斑点状にでることとまぶたにはないのが肝斑との違いです。
遅発性太田母斑のレーザー治療は保険適用です。

レーザー治療

レーザーで真皮のメラニン色素を徐々に薄くしていく治療を行います。
時間はかかりますが6ヶ月に1度の治療を3~5回程度続けることでほとんどわからなくすることができます。

遅発性太田母斑治療の流れ

診療

  • 予約不要

診療時間内に受付を行ってください。医師が診察の後、レーザー治療ご希望の場合は予約を取ります。

治療当日

  • 予約制(予約時間の10分前までにお越しください)
  • STEP01

    レーザー照射

    照射強度等を調節しレーザーを照射。ゴムではじくような刺激を感じます。
    ご希望があれば麻酔も可能です(別途費用)。

    サンプル画像
  • STEP02

    照射後

    薄いかさぶたができます。
    洗顔、お化粧は翌日から可能(刺激の少ないものを選んでください)。

  • STEP03

    1週間後に来院

    医師がレーザー後の状態を確認します。(予約不要)。
    この時点では薄いかさぶたが取れかけている頃ですが、ADMの色味はまだ消えていません。
    治療部位のメラニン色素の合成(色素沈着)を予防するためのクリームを処方します。

  • STEP05

    1ヶ月後に来院

    医師がレーザー後の状態を確認します。主に色素沈着があるかどうかをチェックし、場合によっては別の軟膏を処方します。
    色素沈着は次第に消えていきますが、ADMの色味と重なって治療前より濃くなる時期がある可能性があります。

治療回数約6ヶ月に1回(3~5回程度)
治療費(税抜)保険適用(3割負担で1万円程度)

レーザー治療例

考えられるリスク

  • 色素沈着を起こす可能性があります。3ヶ月〜半年で薄くなっていきます。

当院で使用するレーザー

ピコレーザー
Qスイッチルビーレーザー

Dr.からのコメント

遅発性太田母斑はレーザーによる高い治療効果が期待できます。
レーザー照射後、時間をかけて徐々に色が抜けていくという特徴があるので、レーザー後の赤味と合わさって一時期治療前より濃い時期がある場合があります。
ゆっくりと治っていくのを見守りましょう。
治療後のアフターケアも大切にしておりますので、色味など気になる場合はご相談下さい。

Contact お問い合わせ

WEB
順番予約
Page Top