巻き爪

巻き爪(陥入爪かんにゅうそう)は爪が変形して皮膚に爪が食い込んでいる状態で、靴による圧迫や歩き方、爪の切り方などが原因となります。
痛みにより歩行や日常生活に支障が出ることもあり、傷が炎症を起こして腫れるとさらに悪化し治りにくくなってしまいます。

爪の痛みを我慢して毎日を過ごしている方はご相談ください。

当院の巻き爪治療の特徴

  • POINT01

    外科専門医、形成外科専門医を取得している医師が担当

    巻き爪の程度により、爪切り、保存的治療(内服薬や塗り薬)、手術の中から最適な治療法を提案します。
    いずれも保険適応です。
    【2022年巻き爪の手術件数 166件】

  • POINT02

    痛みの少ない治療

    従来の巻き爪手術は麻酔、手術、術後すべてが痛いものでしたが、当院は電動麻酔機を使用することで痛みの少ない治療を行います。

    サンプル画像
  • POINT03

    外来で治療可能

    診察の予約は不要です。手術の場合は当日治療が可能です。

陥入爪手術

巻いている爪を切除します。痛みの強い⽅、症状を繰り返す⽅は、巻いた部分の⽖が⽣えてこないよう⽖⺟という部分に⾼周波で処置を⾏います。高周波を使用した場合は再発リスクを低く抑えられます。
診察当日に⼿術を受けることができます。

  • 保険適用
  • 治療後は包帯を巻くので大きめの靴でご来院ください。

陥入爪治療の流れ

診療

診察は予約不要です(ネットでの順番予約は可能です)。診察時間内に受付を行ってください。

  • STEP01

    局所麻酔

    電動麻酔器による痛みの少ない局所麻酔を行います。
    15分程度おいて治療を開始します。

  • STEP02

    治療

    麻酔の効きを確かめた上で手術をします(片側10分ほど)。

  • STEP03

    治療後

    当日は歩いて帰ることができます。
    治療後はしばらく浸出液が出ますので、初めは処置のため通院することをおすすめします。
    2週間もすればかなり乾いてきて約1か月で治ります。
    抜糸の必要はありません。

治療後の痛み痛み止めで治まる程度
翌日からはほとんど痛みはない
入浴治療部位は1~2週間後からシャワー可能
バスタブは2週間後以降
治療費保険適用(3割負担で1万前後)

考えられるリスク

  • 稀に再発や爪の一部に変形が起きることがあります
  • 感染を起こすと傷の治りが遅くなることがあります

Dr.からのコメント

巻き爪に悩んでいる方は多く、当院でも特に相談の多い疾患の1つです。

2022年には166件の巻き爪治療(手術含む)を行いました。

爪の不調は歩行や姿勢に影響を与え、体の別の箇所にも悪影響を及ぼすことがあります。
痛みは我慢せず診察にいらしてください

Contact お問い合わせ

WEB
順番予約
Page Top