ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症の治療には多くの選択肢がありますが、患者様のライフスタイルに合わせた内容を提案したいと考えております。

ワキガの原因

ヒトの皮膚にはアポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺があり前者がワキガの原因となります。アポクリン腺は思春期以降に急激に発達し、大量に出た汗や皮脂が常在菌に分解される過程でニオイが発生します。

汗とニオイのしくみ

わきには、アポクリン汗腺・エクリン汗腺という2種類の汗腺と皮脂腺の合わせて3つの分泌腺が存在します。
ワキガの臭いは、単に汗が原因ではなく、分泌液や皮膚の雑菌などと絡んで生じます。

エクリン汗腺から出る汗

エクリン汗腺は体中に約230万個もあり、常に汗を分泌しており皮脂腺から出る皮脂と混ざり合って、皮膚をしっとりとさせる役目を果たしています。
この汗はさらっとしていて粘り気がなく、99%が水分、1%が塩分です。弱酸性で、皮膚の表面を殺菌する働きもあり、私たちはこの汗を一日に2リットルかいているといわれています。
汗の臭いの原因になりますが、ワキガ臭とは異なります。

アポクリン汗腺から出る汗

アポクリン腺はわきの下、性器の周辺、耳の中、乳首のまわりなど特定の場所に集っています。
ここから出る汗は粘り気があり、脂肪・鉄分・色素・アンモニアなどからできています。
乳白色で臭いもあり、汗じみ・黄バミの原因です。この汗がワキガの原因となります。

ワキガかな?<セルフチェック>

  • わきの汗が多い
  • 汗ジミがよくできる
  • 人に指摘されたことがある
  • 家族にワキガの人がいる
  • 耳アカが湿っている

気になる症状はございますか?
ワキガは自分では判断しづらいことが多いです。
2つ以上該当する場合は、医師にお気軽にご相談ください。

治療法

ワキガ・多汗症の治療法

保険診療

エクロックゲル(外用)・ラピフォートワイプ(外用)

交感神経をブロックすることで汗腺からの発汗を抑える外用剤です。
原発性腋窩多汗症の診断基準を満たす必要があります。

BT-A局注療法

BT-A(A型ボツリヌス菌毒素)をわきに局所注射すると交感神経から発汗の指令をだすアセチルコリンが抑制され、発汗が抑えられます。 重度腋窩多汗症の診断基準を満たす必要があり、総合病院へ紹介します。

保険外診療

1)ミラドライ

マイクロ波を腋窩に照射し、汗腺を破壊する「切らないワキガ治療」です。皮膚表面を冷却しながら水分の多い汗腺をターゲットにしてエネルギーを集中させ、汗腺以外への影響を最小限に抑えます。

2)クアドラカット法

小さな皮膚切開から器具を挿入し、汗腺を切除する治療法です。しばらく包帯固定が必要となります。

3)重症腋窩多汗症以外に対するBT-A局注治療

BT-A(A型ボツリヌス菌毒素)をわきに局所注射すると交感神経から発汗の指令をだすアセチルコリンが抑制され、発汗が抑えられます。

ワキガの各種治療法の比較

従来の外科手術
(煎除法)
※当院では行っていません
手術による治療
(クアドラカット)
切らない治療法(ミラドライ)注射による治療法(ボトックス)
皮膚切開5cm以上1cmなし注射
治療時間1時間以上1時間40分10分
包帯固定1週間以上4~5日なしなし
日常生活への影響1~2週間1週間ほとんどなしなし
通院通常入院翌日、5日後、7日後1週間後2週間後
抜糸ありありなしなし
シャワー1~2週間後5日後当日当日
効果永久永久永久3~6ヶ月
入院必要不要不要不要

料金

切らないワキガ治療

  • 保険適用外

多汗症の治療を目的として厚生労働省の承認を得た医療機器「ミラドライ」
多汗症や臭いの原因となる汗腺をマイクロ波で破壊するワキガ治療です
日帰りで行うことが可能で、傷あとも残らない治療です。

マイクロ波とは?

マイクロ波の最も身近な例としては電子の振動で食べ物や飲み物を温める電子レンジがあります。
組織の分子を振動させて熱変化を起こす原理は医療分野としては肝臓がんや膀胱がんなどの腫瘍の治療としてすでに広く応用されています。
切らないワキガ治療は初めてこの技術をワキガ、多汗症の治療に応用した医療法です。

切らないワキガ治療の特徴・ミラドライの特徴

  • POINT01

    切らない(非侵襲的)

    切開や剥離をしないため、手術に比べると出血、内出血、皮膚壊死などのリスクが少ないです。
    皮膚の切開や穿刺をしないので、脇を出す季節でも目立ちません。

  • POINT02

    効果

    外科的手術と同じ効果が期待できます。

  • POINT03

    動きの制限がない

    仕事や通学、運動に支障がほとんどありません。

  • POINT04

    ダウンタイムが少ない

    術後の固定が不要のため、日常生活に支障がでません。
    治療後から普通の服装ができ、当日からシャワー、翌日から入浴が可能です。

マイクロ波治療・ミラドライのしくみ

  • STEP01

    マイクロ波

    マイクロ波を利用しワキガ・多汗症を治療します。
    マイクロ波は(水分子)に選択的に吸収されエネルギーが熱に変換されます。
    マイクロ波加熱は、熱伝導や対流に左右されることなくかつ急速で均一に加熱されるという特徴があります。
    切らないワキガ治療は水分の多い汗腺をターゲットとしてエネルギーを集中させ汗腺以外への影響を最小限に抑えます。

    マイクロ波のイメージ
  • STEP02

    皮膚表面を冷却

    皮膚表面を冷却し抵抗を減らしながらエネルギーを効率良く深部に到達させます。

    皮膚表面を冷却のイメージ
  • STEP03

    汗腺を破壊

    汗腺が存在する真皮と皮下脂肪の境界部分にエネルギーが蓄積し、汗腺を確実に破壊します。
    切らないワキガ治療は熱の及ぶ深さと照射幅を最適化するように設計されています。

    汗腺を破壊のイメージ
  • STEP04

    皮膚層を冷却

    マイクロ派の照射に続いてさらに皮膚層を冷却し、皮膚のダメージを防ぎます。

    皮膚層を冷却のイメージ

治療できない、もしくは注意の必要な方

  • ペースメーカ又は他の電子機器が体内に埋め込まれている患者(埋込み型医用電子機器に誤作動を招き、重大事故につながる可能性がある)
  • 腋窩付近に金属製のインプラント等が埋め込まれている、又は刺青のある患者[埋め込んだ金属が発熱し熱傷をおこすことがある
  • 治療部位に悪性腫瘍、又は皮膚悪性腫瘍がある患者[悪性腫瘍の活性化の懸念がある

効果

施術で破壊された汗腺は基本的に再生しませんので、外科的手術と同等の効果が期待できます。
汗腺を選択的に焼却凝固するため長期に効果が持続すると考えられています。

診療の流れ

カウンセリング(予約不要)

カウンセリングは予約不要です。診察時間内に受付を行ってください。
問診後、無料カウンセリングで治療法の内容や他の治療法との比較、料金などについて詳しく説明します。
治療ご希望の場合は血液検査を行い予約をとります。

治療前日

治療前日に脇毛を剃ってください。

治療当日

  • STEP01

    施術箇所のマーキング

    脇のサイズ、発汗する場所、体毛の位置にマーキングをします。

    サンプル画像
  • STEP02

    局所麻酔

    脇の複数箇所へ局所麻酔を注射します。およそ10分ほどで効果が現れます。

    サンプル画像
  • STEP03

    照射

    片側約20分ほどが目安となっています。
    麻酔と冷却機能により痛みを感じることはほとんどなく、ワキガ・多汗症の原因である汗腺を治療していきます。

    サンプル画像
  • STEP04

    治療後

    約15分間患部をクーリング後、お帰りいただけます。

治療後

入院必要ありません。
固定包帯、固定は不要です。衣服はいつも通りの服装で問題ありません。
痛み治療部に鈍痛を感じたり、腕にしびれやピリピリ感を感じたりすることがあります。腫れと痛み防止の薬を処方します。
経過・腫れ術後1~2日後より、治療部位に腫れが生じます。腫れは徐々に引いていきます。1週間後ではまだ凹凸や軽いしびれが残っている場合もありますが、1~2ヶ月で徐々になくなります。
麻酔注射による小さな跡や、吸引による内出血の跡が数日残る場合があります。
シャワー・入浴当日はシャワー程度にとどめてください。石鹸は使用してもかまいませんが、刺激の少ないものを使用してこすらないでください。入浴は翌日より可能。
通院原則、術後7日目、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後
仕事・通学・運動一般的な生活での制限はありませんが、1週間程度は過度の運動は避けてください。通常の仕事や通学に支障はありません。

考えられるリスクと対処法

その他の副作用持続期間の目安主な対処法
治療部位の浮腫1~8週間経過観察
治療部位の疼痛や圧痛2~3週間消炎鎮痛剤の内服・冷却
治療部位やその周囲の感覚の変化1~12週間経過観察
吸引による赤み数日間ヒルドイドローションの塗布
注射による皮下出血数日間経過観察
治療部位の一時的な隆起や硬化4~6週間経過観察
麻酔液が浸潤することによる腕、もしくは側胸部の腫脹1週間経過観察
治療部位の硬化
*タイトバンド(すじ状の硬化)も含む
最大で8週間優しいマッサージやストレッチ
膿瘍2週間切開排膿・抗菌薬
感染1週間
腋窩の小腫瘤、又は小結節2ヶ月経過観察
治療肢(肘から手)の違和感(しびれ、刺激感など)数ヶ月経過観察
1度・2度熱傷2週間冷却・外用薬・創傷被覆
皮膚炎1週間外用薬
炎症性色素沈着3ヶ月経過観察
腕、又は指の脱力数ヶ月経過観察
代償性発汗経過観察

料金

効果の保証制度

1回の治療で症状が残る、効果が少ないといった場合、2回目以降の治療を受けていただくための保証制度があります。詳しくは診察時にご相談ください。

ワキガ・多汗症手術(クワドラカット)

  • 保険適用外

直径3mmの細い特殊なカッター(クアドラカットメス)で皮膚切開部分から皮下に挿入し、汗腺を切除するクアドラカット法による手術を行います。

基本的に1回の治療で切除した汗腺は再生しませんので、入院の必要な手術(煎除法)と同じ効果が期待できます。

クワドラカットの特徴

  • POINT01

    小さい皮膚切開

    脇の皮膚を5~6cm切開する必要があった従来のワキガ手術に比べ1cm弱の小さい切開で手術できるので、傷はほとんど目立ちません。

  • POINT02

    入院の必要がない

    従来の手術では、ハサミで皮下の汗腺を切除するので出血の心配があり、入院の上、術後脇を動かさないように副木で固定して包帯固定をする必要がありました。
    クアドラカット法は出血量が少ないので、入院の必要がなく固定も比較的早くはずせます。

治療できない、もしくは注意の必要な方

  • 局所麻酔に対してアレルギーをお持ちの方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • ケロイド体質の方
  • 糖尿病のコントロール不良の方
  • 心疾患(不整脈など)をお持ちの方
  • 甲状腺機能異常の方
  • 出血傾向のある方
  • 血液をサラサラにするクスリを使用している方
  • その他重篤な病気をお持ちの方

考えられるリスク

  • 体質によっては切開部分の盛り上がりや手術後の色素沈着が長期になることがあります
  • 無理な生活をすると出血、感染を起こす可能性があります

治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

無料カウンセリングで治療法の内容、他の治療法との比較、料金などについて詳しくお話します。
治療ご希望の場合は血液検査を行い予約をとります。

治療前日

前日に脇毛は剃るか短くカットしておいてください。

手術(約1時間)

  • STEP01

    局所麻酔

    局所麻酔をします。 麻酔を行うので施術中の痛みはありません。

    サンプル画像
  • STEP02

    皮膚切開

    脇毛の生えている部分の中央に約1cmの切開をします。

    サンプル画像
  • STEP03

    手術

    切開部分よりクアドラカットメスで皮下にあるワキガや多汗症の原因となるアポクリン腺やエクリン腺を切除します。
    最後に切開部から確実に切除が行われているか確認して縫合を行います。

    サンプル画像
  • STEP04

    治療後

    約15分間患部をクーリング後、お帰りいただけます。

術後の経過

  • STEP01

    当日

    出血予防のため術後から1週間、包帯固定をします。

    • 腕を上げたり無理に動かしたりしないよう注意してください。
    • 肘から先は動くので食事や歯磨きは可能です。
    • 当日、シャワー・入浴はできません。
    サンプル画像 サンプル画像
  • STEP02

    翌日、3日目

    • 受診にて創部の観察、ガーゼ交換を行います。
    • 問題なければ患部を避けたシャワー浴が可能となります。
  • STEP03

    1週間後

    • 抜糸します。
    • 包帯固定がなくなり、入浴が可能となります。
    • 内出血のあとが目立ちやすい時期です(2週間程かけて落ち着きます)。
  • STEP04

    1ヶ月後

    • 皮膚の硬さや突っ張りを感じやすい時期です(3か月程で柔らかくなります)。

料金

ボツリヌス療法

  • 保険適用外

ボツリヌス療法は、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とする薬剤を注射する治療法です。
交感神経から伝達される汗を出す信号をブロックし、過剰な発汗を抑えます。

夏の汗の多い季節を乗り切りたい、結婚式など期間をある程度決めて汗を止めたいという方に適した治療です。

当院では安価な輸入品を導入せず日本厚生労働省と米国FDAの承認を受けているアラガン社のボツリヌストキシン製剤(ボトックス®)を使用しています。
抗体を作りにくく安定した効果が期待できるボツリヌス製剤です。

ボツリヌス療法の特徴

  • POINT01

    外来で手軽にできる

    注射をするのみですので、皮膚にはほぼ傷がつきません。治療時間は約10分

  • POINT02

    ダウンタイムがない

    生活に支障が出ることはありません

  • POINT03

    効果は約半年

    注射の効果は平均で6ヶ月でなくなるので効果の継続を希望の方は繰り返しの治療が必要です

こんな方に

脇・手のひら・足の裏・頭部の多汗症でお悩みの方

  • 服に汗染みができて人目が気になる
  • 臭いが気になる
  • 周囲の目が気になって学業(仕事)に集中できない
  • 緊張すると汗が出はじめ、意識するともっと出る

治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

予約不要です。診察時間内に受付にお越しください。無料カウンセリングで治療法の内容、他の治療法との比較、料金など詳しく説明します。

治療

ご希望であればすぐ治療できます。治療時間は約15分程度です。
脇の皮下に細い針でボトックスを注射します。できるだけ痛くないように患部を冷却し細い針で注射します。

  • 重度原発性腋窩多汗症と診断された方は総合病院等に紹介します(保険適用)

治療できない、もしくは注意の必要な方

  • ボツリヌストキシン製剤に対してアレルギーをお持ちの方
  • 妊娠中、授乳中の方

考えられるリスク

注射後、稀に次のような副作用を生じることがあります。
多くは一時的なものですが、程度が強い場合など気になるときは医師にご相談ください。

  • 注射部位が赤くなる・腫れる・痛む
  • からだがだるい
  • ワキ以外の部位で汗が増えた

治療による効果

発汗を抑える効果は通常、治療後2〜3日であらわれ約4〜9ヶ月持続します。効果の程度や持続期間には個人差があります。完治を目指す治療法ではありませんので、症状が再びあらわれたときには改めて治療を行います。

料金

よくある質問

ワキガや多汗症かどうかが分かりません。

自分では判断しづらいことが多いので医師の診察を受けることをおすすめします。
まずはセルフチェック(2つ以上当てはまれば医師にご相談ください。)

ワキガと多汗症は同じですか?

多汗症でも臭いの少ない場合がありますが、汗の量が多いと臭う可能性が高くなります。

治療は痛いですか?

局所麻酔をして行いますので術中の痛みはありません。術後の痛みは、クアドラカット手術治療は4~5日痛みがあることもあります。レーザーを使った治療法は2日程度あることもあります。マイクロ波を使ったミラドライ治療法は数日軽い鈍痛があることがあります。いずれの場合も痛み止めの薬を飲むと治まる程度です。

手術当日、服は何でも大丈夫ですか?

クアドラカット手術治療、レーザーを使った治療法は大きめの前開きの服を着て来てください。両腕を肩より上に上げる必要のある服は避けてください。
マイクロ波を使ったミラドライ治療法は服装の制限はありません。

術後すぐに帰宅できますか?

術後はすぐに帰宅が可能です。クアドラカット手術治療、レーザーを使った治療法の場合は包帯固定をした状態で、マイクロ波を使ったミラドライ治療法の場合は来院時の服装でそのまま帰宅できます。

治療は痛いですか?

局所麻酔をして行いますので術中の痛みはありません。術後の痛みは、クアドラカット手術治療は4~5日痛みがあることもあります。レーザーを使った治療法は2日程度あることもあります。マイクロ波を使ったミラドライ治療法は数日軽い鈍痛があることがあります。いずれの場合も痛み止めの薬を飲むと治まる程度です。

お風呂に入ることはできますか?

クアドラカット手術治療の場合、翌日から下半身のシャワー浴ができます。4、5日後包帯が取れたら全身のシャワー浴、下半身の入浴も可能です。
レーザーを使った治療法の場合、翌日からシャワー、入浴可能です。マイクロ波を使ったミラドライ治療法の場合は、当日はシャワー、翌日から入浴可能です。

仕事や通学はできますか?

クアドラカット手術治療は術後4~5日包帯固定をしますが、2日目から軽いデスクワークや通学はできます。順調であれば5日目で包帯固定は外しますが、術後1週間は脇を大きく動かさないようにして下さい。重いものを持つ、高い位置の物を取るなどの動作は禁止です。1週間後から普段と同じ生活が可能となります。
レーザーを使った治療法は、翌日包帯固定をはずしてから普通に仕事、通学が可能です。マイクロ波を使ったミラドライ治療法は、翌日から普通に仕事、通学が可能です。

車の運転はできますか?

クアドラカット手術治療、レーザーを使った治療法は包帯固定が取れてから運転可能です。
マイクロ波を使ったミラドライ治療法は運転できますが、当日は腫れる可能性があるのでなるべく公共交通機関を利用してご来院ください。

脱毛レーザーで、ワキガ、多汗症が治りますか?

脱毛レーザーでは、アポクリン腺の破壊は出来ないのでワキガ・多汗症は治りません。

ワキガ、多汗症の手術で脇の脱毛はできますか?

クアドラカット手術治療では、70~80%の脇毛が無くなります。脇毛の濃い方や男性は残る割合が多くなります。 レーザーを使った治療法では、脇毛は抜けません。
マイクロ波を使ったミラドライ治療法では、一部の脇毛が無くなる可能性があります。
当院でワキガ・多汗症の手術をされた方で脇の脱毛を希望される場合は、脱毛料金が30%割引になります。

汗をかくどの部分でも施術出来ますか?

クアドラカット法はわきの汗を施術対象としています。

従来の施術法とどう違うのでしょうか?

従来のワキガ手術は、脇の皮膚を5cm以上メスで切開し、皮膚の裏側からはさみやメスで汗腺を切除していました。このため血腫のリスクが高く、入院治療が原則でした。クアドラカット法は1cm程度の切開なので入院の必要がなく、固定期間も短縮可能です。

以前多汗症やワキガ治療のために外科手術をおこなったことがありますが、施術を受けられますか?

外科手術の手法に応じて、医師がクアドラカット法に適しているかどうか評価いたしますが、ほとんどの場合、受けることができます。

脇毛は減りますか?

個人差がありますが、7~8割の脇毛がなくなります。脇毛の脱毛をお考えの方はクアドラカット法の治療を行った後、脱毛されると時間と費用が節約できます。

脱毛に通っていますが、施術できますか?

組織に炎症がある状態での施術はお勧めできません。クアドラカット法施術の前後3ヶ月は期間をあけて下さい。

ボツリヌス菌に感染する心配はありますか?

使用するのはボツリヌス菌がつくるタンパク質から精製された薬であり、ボツリヌス菌そのものを注射するわけではありませんので感染の心配はありません。

ボトックスで中毒症状が出ることはありませんか?

医療用に安全性を確認した製剤ですので、危険性はありません。

保険適用になるのはどのような場合ですか?

原発性腋窩多汗症という日常生活に常に支障が出る重度の脇の多汗症は2012年に保険適用が認められています。当院では保険適用のボトックス注射は行っておりません。詳しくは医師にご相談ください。 なお、ワキガ治療や手や頭などの多汗症に対してのボツリヌス注射は保険適用されません。

Dr.からのコメント

ワキの匂いが気になり人付き合いを避けがちになるなど、ワキのお悩みは生活のあらゆる場面で影響を及ぼします。
ワキガ治療は、従来は汗腺を切除する方法が主体で、術後の固定や痛み、頻回の通院など患者負担の大きなものでした。
しかしミラドライ®の登場で治療の次の日からいつもの暮らしに戻れるほど負担の少ない治療が可能になりました。
夏の間の汗の多い時期だけなど一時的な効果を望まれる場合はボトックス注入による治療もお選びいただけます。
ワキの悩みを解決し、今までより前向きな自分になれるようお手伝いが出来れば幸いです。

Contact お問い合わせ

WEB
順番予約
Page Top