パラメディカルアートメイク

パラメディカルアートのイメージ写真

パラメディカルアートとは、先天的な皮膚疾患や事故や病気により健常な容姿に損傷をきたした皮膚にアートメイクの技術を応用し色素を入れ再建する治療です。
皮膚の浅い層に専用の機具で色素を入れていくため、色が定着するまでに通常2~3回の施術が必要です。
今まで手術やレーザーでしか対処できなかった悩みや症状に対して、新たな治療法として注目されている技術です。

パラメディカルアートで患者様のQOLを高め、自信回復のお手伝いをさせていただいています。

  • 保険適用外

安心・安全な技術

アートメイクは医療行為ですので、日本の法律では医師または医師の管理のもとで看護師が行うことが義務付けられている施術です。
当院はアメリカ大手美容メーカーのひとつであるBio-Touch社の技術育成プログラムを受講し、知識と技術の取得に努めています。

施術材料

使用する材料は、残念ながら国内ではまだ1社も承認されていません。
当院で使用する染料はBio-Touch社を中心にFDAの公認の成分を用い、ヨーロッパや韓国の安全基準をクリアした商品を使用しています。

「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。
日本では未承認医薬品を医師の責任において使用することができます。

治療法

施術の流れ

  • STEP01

    カウンセリング

    ご希望やお悩み、デザインイメージをお聞きし、安心して施術を受けられるよう何度でも丁寧にご説明します

    カウンセリングの写真
  • STEP02

    麻酔

    針を使用するためある程度の痛みと出血は伴いますが、できるだけ痛みを軽減できるよう麻酔をご用意しております。
    オプションとして、痛みにどうしても耐えられない方へは医師による局所麻酔を追加することも可能です。

    麻酔クリームの写真
  • STEP03

    施術

    豊富な経験と技術を駆使して、慎重に施術を行います。
    左右のバランスや色を確認しながら行います。
    施術時間は、範囲や部位によりますが1時間から1時間半が目安です。

    パラメディカルアートの施術写真
  • STEP04

    アフターケア

    その場でしっかりと仕上がりをチェックし、ご納得頂きます。
    その後、ご自宅でのケアやアドバイスなど詳しくご説明させて頂きます。
    心配事や気になる点はお気軽にご相談ください。

    アフターケアの写真
  • STEP05

    アフタークリーム

    当院では、施術箇所によってアフタークリームのご用意があります。
    アフターケアをきちんとして頂くことで、カラー定着がとても良くなります。

施術後の経過

  • 施術直後は色が濃く発色しますが徐々に落ち着いていき1週間程度で半分程度の色になります。色が定着するまで1ヶ月程度かかります。
  • 施術部位は薄いかさぶたのような皮膚が付いた状態になることもあります。かさぶたができた場合は自然に取れていくのを待ち無理に取らないようにしてください。
  • 施術部位は傷になりますので、3~5日程触ると少しヒリヒリすることがあります。

施術後の注意点

  • 当日はシャワー、入浴、運動、飲酒は出血の原因になりますのでお控えください。
  • 頭皮への施術を受けられた方は、当日の洗髪は出来ません。
  • 感染予防と傷み保護のため施術部位に7日間軟膏を塗ってください。腫れや痛みがある場合は施術部位を冷やし、皮膚トラブルがある場合は受診してください。
  • 施術部位は傷になっていますので、強く擦ったり刺激の強い洗料は使用しないようにしてください。
  • プール、温泉、サウナ等の公共施設のご利用は感染予防のため施術後1週間控えてください。

MRI 検査について

アートメイク専用の色素(ピグメント)に含まれる金属含有量はごく微量なためMRI検査を受けるうえで問題ないとされています。
ただし、用いる色素によっては金属含有量が多いものもあります。
当院で主に使用するBio-Touch社の色素は米国(FDA)の許可を受けておりMRIを受ける上で問題ないとされており、国内でも検証論文が発表されています。

乳輪(乳がん術後乳輪再建)

  • 乳房・乳頭再建後、乳頭を再建している場合は手術をしていない側に合せてデザイン・色の選定を行います。
  • 乳頭を再建していない場合、乳頭があるよう3Dで仕上げます。
  • 乳輪術後の場合、乳頭縮小や陥没乳頭の術後の乳輪の輪郭を修正します。
パラメディカルアート乳輪の施術写真
パラメディカルアート乳輪の施術写真
パラメディカルアート乳輪の施術写真

1回施術後  33,000円(税込)

考えられるリスク

  • 色素によるアレルギーを発症する可能性がありますのでご心配な方は施術前にパッチテストをすることが可能ですのでご相談ください
  • 稀にですが、施術後に創部が細菌感染してしまうこともあります
    そのような症状が発生した場合は医師による診察で対応させていただきます
  • 色の定着は皮膚の状態や体質によって異なります
  • 左右差が生じる場合があります

料金

乳輪再建(術後カモフラージュ)片側

1回目¥33,000
2回目以降¥16,500

乳輪乳頭再建(術後カモフラージュ)片側

1回目¥44,000
2回目以降¥22,000

脱毛症(頭髪カモフラージュ)

脱毛症に対応いたします。毛根の色に合わせてカモフラージュ、仕上げさせていただきます。
毛髮ケアもございますので併せてご相談ください。

パラメディカルアート脱毛症(頭髪カモフラージュ)の施術写真
  • 例えば、前頭生え際の場合、約2.5cm×20cmの範囲で66,000円 (税込)

考えられるリスク

  • 色素によるアレルギーを発症する可能性がありますのでご心配な方は施術前にパッチテストをすることが可能ですのでご相談ください
  • 稀にですが、施術後に創部が細菌感染してしまうこともあります
    そのような症状が発生した場合は医師による診察で対応させていただきます
  • 色の定着は皮膚の状態や体質によって異なります
  • 左右差が生じる場合があります

料金

脱毛症(円形脱毛や傷跡による脱毛)

1回5cm×5cm ¥33,000

白斑

白班への治療は発症後数年間は施術できません。
皮膚科を受診し白斑が落ち着き、それ以上広がる可能性や肌色が回復する可能性のどちらもないと医師の診断されてからの施術をおすすめしています。施術の刺激により白斑が広がる可能性がある為です。施術希望の方はご留意ください。
また、白斑のある部位や大きさによって施術回数が異なりますので、気になる方はご相談ください。

考えられるリスク

  • 色素によるアレルギーを発症する可能性がありますのでご心配な方は施術前にパッチテストをすることが可能ですのでご相談ください
  • 稀にですが、施術後に創部が細菌感染してしまうこともあります
    そのような症状が発生した場合は医師による診察で対応させていただきます
  • 色の定着は皮膚の状態や体質によって異なります
  • 左右差が生じる場合があります

料金

白班症

1回目 3cm×3cm ¥27,500
2回目以降 3cm×3cm ¥13,750
  • パッチテスト希望の方は別途¥3,300(税込)

傷跡修正・やけど・妊娠線

元々の傷自体の色が濃く、周囲の肌から浮いているような場合やケロイドの皮膚表面の凸凹が大きい場合、色を入れることで逆に目立ってしまうことがありますので施術をお断りせざるを得ない場合もあります。
施術時期に関しては、傷の周囲の皮膚の赤みがとれ更に1年以上経過して傷跡が安定してから行うのが通常です。

考えられるリスク

  • 色素によるアレルギーを発症する可能性がありますのでご心配な方は施術前にパッチテストをすることが可能ですのでご相談ください
  • 稀にですが、施術後に創部が細菌感染してしまうこともあります
    そのような症状が発生した場合は医師による診察で対応させていただきます
  • 色の定着は皮膚の状態や体質によって異なります
  • 左右差が生じる場合があります

料金

傷跡(リストカット・手術跡・妊娠線)

1回目2cm ¥11,000
2回目以降2cm ¥5,500

Dr.からのコメント

パラメディカルアートメイクは従来の医療の常識を覆す大変すばらしい手法です。

乳がん手術で乳輪乳頭を失った方の乳輪乳頭再建は、多くの施設では皮弁法と言われる会陰部などの皮膚を切り取り胸に移植する方法が行われております。多くは入院が必要で、痛みを伴います。

円形脱毛症にはステロイド治療が主流で行われておりますが、思うような効果が得られない場合や、副作用の問題等があります。

白斑の治療は薬物治療が主体ですが、やはり副作用のリスクがあります。

上記の問題を、皮膚に色を補うことで解決するのがパラメディカルアートメイクです。
患者様の身体にほとんど負担をかけることなく、QOLと自信の向上につながるパラメディカルアートメイクは当院が特に力を入れ取り組んでいる分野でもあります。
どうぞお気軽にご相談ください。

Contact お問い合わせ

WEB
順番予約
Page Top